省エネ住宅を購入するなら|購入者からの評判の良い桧家住宅が最適!

部屋

コストダウンを重視

つみき

新建材や断熱材で

大阪の注文住宅の価格相場は約4300万円と、全国平均の3500万円を大きく上回っています。これは、大阪の地価が高く、住宅用地の購入に約2000万円もの費用がかかるからです。そのことから大阪では、多くの注文住宅が、コストダウンを重視して建てられています。建築コストを少なくすれば、相場よりも安い注文住宅を手に入れることが可能となるからです。特に注目されているのは、強化ガラスや強化プラスチックといった新建材を多用した注文住宅です。これらは自然素材と異なり、工場での大量生産ができるため、比較的安く仕入れることができるのです。それでいて強度が高く、なおかつ美しい光沢があるため、使用により頑丈でデザイン性の高い注文住宅が完成します。また、壁の内側に断熱材を、床下や天井裏に調湿剤を入れた注文住宅にも、高い需要があります。これらにより屋内の温度や湿度がコントロールされれば、それだけ冷暖房器具によるエネルギー消費量が少なくなるからです。つまり、エネルギーコストのかかりにくい生活が可能になるわけです。さらに、熱や湿気による劣化が起こりにくいことから、将来的なリフォーム費用や建て替え費用の節約にもなると言えます。さらに大阪では、土地の購入費用を抑える注文住宅もさかんに建てられています。特に地下収納庫やロフトや屋上テラスのある注文住宅は、敷地面積がやや狭くても、生活に利用できるスペースが多いことから人気があります。